ファイナンシャル・プランナーに
相談しよう

こんな家計の悩み、ありませんか?

老後資金づくりに
投資をすべき?

教育費と住宅ローンが
二重で負担…

出産を機に
毎月4万円の赤字です

無駄遣いをしていない
のに貯蓄が増えない!

毎月の保険料が、
気がつけば8万円に!

家計簿
いつも挫折します

このようなお悩みは、
FP(ファイナンシャルプランナー)が
解決します!

FP資格の中でも上級資格である
CFP®資格を持ったFPを探せます

ファイナンシャル・プランナーへの相談事例

FP相談事例1現状のままだと50歳で貯蓄がゼロに!

毎月家計が赤字で将来が不安なんです。Aさん夫婦(夫35歳、妻32歳、子供5歳)

50歳以降も貯蓄が増える家計をシミュレーションしましょう!

  1. 住宅ローンを金利が低いものに借り換える
  2. 保険料などの支出を見直す
  3. 妻が働く期間を延長する

赤字家計が改善され、月々2万円の貯蓄ができるようになりました!
このままいけば定年前に1,000万円の貯蓄ができる見込みです。

  • 相談内容「家計総合診断」保険・住宅ローンの診断を含む、収入・支出項目のアドバイス(将来シミュレーション付き)
  • 所要時間約3時間
  • 相談料金3万5千円~(再診断料金は1万円~)

相談料などは東京在住のFPの事例に基づき作成されたものです。 相談内容や条件などにより異なりますので、実際にご相談いただく場合には、必ずFPにご確認ください。

FP相談事例2マイホームの住宅ローンは何を選べばいいの?

住宅ローンの「変動型」や「固定型」、どちらを選べばよいでしょう?Bさん42歳独身

まず、変動型や固定型のメリット・デメリットをご説明しましょう。その上で、金利タイプや金融機関によって、どのように返済プランが変わるのかをシミュレーションしてみましょう。

住宅ローンの返済額が金利によってどう変わるのかがよくわかりました。
女性の一人暮らし家計を考慮してプランを出してもらえたのがうれしかったですね!

  • 相談内容住宅ローンの返済シミュレーションの実施、具体的なプランの作成、複数の金融機関や金利などの情報提供
  • 所要時間各回約1時間
  • 相談料金1回目 1万円~、2回目 5千円~

相談料などは東京在住のFPの事例に基づき作成されたものです。 相談内容や条件などにより異なりますので、実際にご相談いただく場合には、必ずFPにご確認ください。

あなたの将来の家計は大丈夫?

細かい計算なしに、将来の家計をおおまかに知りたいあなたには
「ライフプラン診断」がおすすめ。

診断結果から、考慮しておいたほうが良いことや備えておいたほうが
良いこともアドバイスします。

「ライフプラン診断」で9つの質問に答えるだけで将来の家計状態を診断できます。

簡単な入力で将来の家計を診断

診断結果に対するFPからのアドバイス

診断したライフスタイル条件

診断したライフスタイル条件

  • 世帯主:30代
  • 世帯主:会社員・公務員
    (退職金あり)
  • 配偶者:あり
  • 配偶者:専業主婦
  • 子ども:1人
  • 世帯年収:500万円
  • 生活費:20万円/月
  • 住居費:15万円/月
  • 貯蓄額:100万円

子どもが大学や専門学校などへ進学する場合、その期間はとくに支出が膨らみやすくなります。収入の範囲でまかなうのが難しいことも多いため、計画的な準備が欠かせません。複数の子どもの教育費が重なると、さらに大変ですから、早めに準備を始めましょう。準備期間が短い場合は、奨学金制度や教育ローンの利用なども検討しましょう。

子どもが増えたり、独立するなど家族構成が変わった時には、イザというときに備える生命保険や家計の見直しをすることをおすすめします。

賃貸の場合、家賃の支払いが一生続くため、それを見越して将来に向けて十分に貯蓄しておく必要があります。

なお、退職する前に将来の年金額や退職金額を確認して、老後のマネープランを立てておきましょう。

より詳しく自分自身の家計をチェックするために、収支確認表などの便利ツールを利用してはいかがでしょうか?

FP(ファイナンシャル・プランナー)
相談してみよう

ご相談の際には、以下があるとスムーズにアドバイスできます

老後の生活資金に
関するご相談

家計簿、金融資産の明細、年金定期便など

保険に関するご相談

保険証券、ご契約内容のお知らせ、など

住宅ローンに
関するご相談

住宅ローン返済計画一覧、住宅ローン年末残高証明書、源泉徴収票など

資産運用・相続など

預貯金や金融資産の明細など

本格的なFP相談には
どんなメリットがあるの?

  • 相談者の不安やお悩みに、時間をかけて丁寧にカウンセリングします。
  • 現在の収支などをシミュレーションします。
  • 具体的にお悩みの対策や不安を解消するプランをご提案します。
  • 相談後も親切、丁寧にアフターフォローします!

自分にあったFPの探し方のポイント

どんなFP資格を持っているか

FP資格にはさまざまな種類があり、その中でもCFP®資格は、高度な知識と豊富な経験をもち、高い職業倫理を身につけているプロフェッショナルなFPです。

得意分野

FPにはそれぞれ得意分野があります。
CFP®認定者検索システムでは、相談したい分野や、保有資格を選んでFPを検索することができます。

実績

自己PRや、FP関連の相談経験や講演経験、執筆経験などを知ることができます。検索結果でFPごとの「詳細を見る」を開いてご確認ください。

相談料

相談、プラン作成、見直しなどによって発生する具体的な金額を、あらかじめ聞いておきましょう。

このようなお悩みは、
FP(ファイナンシャルプランナー)が
解決します!

FP資格の中でも上級資格である
CFP®資格を持ったFPを探せます

※FP相談をするのは少し不安という方
日本FP協会では、FPへの体験相談を1回限り無料で行っています。

実施地区(全国8カ所)札幌仙台東京名古屋金沢大阪広島福岡

CFP®認定者とは

世界24カ国・地域(平成28年7月現在)で認められ、世界共通水準のファイナンシャル・プランニング・サービスを提供できるプロフェッショナルであることを証明する上級資格です。国際CFP®組織とFPSBとのライセンス契約の下に、日本では日本FP協会が認定を行っています。

AFP認定者とは

20年以上の歴史を持ち、国内で幅広く普及しているFP資格です。CFP®資格同様、2年ごとの資格更新に所定の継続教育が義務付けられており、日本全国で約15万人(平成27年2月現在)もの資格認定者が活躍しています。